初めての方へ

治療の流れ 

①待合室へ入り、受付を行います。
 問診票を記入していただきます。

      ↓

 

 

②更衣室で、こちらでお貸しする治療しやすい服装に着替えます。

      ↓

③症状を詳しく検査します。

      ↓

④仰向け、またはうつ伏せになっていただき、刺鍼していきます。
★必要な方は遠赤外線療法・パルス療法を行います。
★妊婦さんや症状がつらい方は、座位や横向きで治療します。

      ↓約10分置鍼

⑤抜鍼後、必要なところにお灸をします。

      ↓

⑥反対向きで同じように治療します。
(必要な方は最後に、運動灸・運動鍼・マシンによる治療で仕上げます。)

      ↓

⑦生活の改善ポイントをアドバイスします。

      ↓

⑦更衣室で着替えます。

      ↓

⑧受付で精算を行います。

 

治療の方法 

右記のようなステンレス鍼を鍼管に挿入して刺鍼します。長さが4cm~6cm、太さが0.2~0.24mmで、部位や症状によって使い分けます。

自分用にキープされますと、次回から滅菌したキープ鍼を使用します。滅菌は高圧蒸気滅菌法を使用します。

 

刺鍼は、筋の過緊張を緩和し、筋肉の血管を広げ、
血液循環を改善する効果があります。

また鎮痛効果や、
免疫・治癒機能を促す効果があります。

 

もぐさと呼ばれるヨモギの葉の裏の毛を乾燥させたものを、ゴマ粒大にし、肌に乗せ、線香で火をつけます。チカッとした一瞬の熱さを感じる程度です。お灸の後、茶色いかさぶたができますが、約1~2週間で剥がれます。

肌質や体質・症状に合わせ、刺激量の少ない糸状灸や棒灸などの方法に変えて行います。

灸は免疫機能を向上させるとともに、
局所の鎮痛作用・血流改善をもたらします

 

 

 

 

小児鍼

右記のような鍼でトントンとたたいたり、肌をこすったり当てたりすることで、ツボや経絡に沿って刺激を与えます。

皮膚がほんのり赤くなる程度で、痛さはほとんど感じません。

棒灸

もぐさを棒状にしたもので、先に火をつけて肌から1.5~3cmほどのところまで近づけます。

じんわりとした温かさを感じます。お子様にも使用します。

直接肌に触れることなく温めていく温灸法です。

パイオネックス

丸いテープに0.2~1.5mmの鍼を固定したものです。

必要な方は治療の最後に貼付することで、帰宅後に症状が再発するのを抑えたり、効果を持続させるために貼付します。

赤ちゃんや耳つぼに使用する際は、鍼がなく肌に金属をあてるだけの「パイオネックスZERO」を使用します。

中国鍼・韓国鍼

左から中国鍼、日本鍼、韓国鍼(高麗手指鍼)です。

中国鍼は頭の柔らかいところや顔面に使用します。

韓国鍼は、患部に対応する手の平や甲の押して痛い部位に刺鍼します。

 

パルスジェネレータ

機器写真

パルス治療は、『低周波鍼通電療法』とも言います。筋肉や神経に対し、鍼を通して電気の刺激を与えることによって、痛みやしびれ、神経痛などを抑えたり、症状の緩和したりします。

遠赤外線

遠赤外線治療では、遠赤外線が身体の深部で熱となり、身体の細胞を活性化して血流やリンパの流れを促進し、血中やリンパに含まれる酸素をより多く身体中に送り込みます。

これにより、新陳代謝を促進させたり、老廃物の排出を促したりします。

足湯

足湯で足を温めることにより、血管が拡張し、血行が良くなります。
それにより内臓の血流量が増え、働きが良くなり、老廃物の排出にもつながります。
結果として代謝や免疫力が高まります。

コンディショニングマシン

どんな方法でも一切負荷をかけることなく、最大筋力を引き出せることで、飛躍的なリハビリ効果・トレーニング効果を発揮します。

運動器疾患の方は治療の最後に適切なマシンを使用し、治療効果を高めます。