男性不妊

不妊の原因は、「双方が2割、男性が4割、女性が4割」と言われています。
男性の身体を改善することは、妊娠への近道となります。
検査に異常がなくても、ストレスが多い仕事や不規則な生活を送っている男性は
ぜひこの機会に、身体と生活を改善しましょう。

このような状態でお困りの方

  • 精液の量が少ない
  • 精液の濃度が薄い
  • 精子の運動率や直進率が良くない
  • 精子の奇形率が高い
  • ED、性欲が少ない
  • 肥満・やせ
  • 不眠
  • 精神的ストレス

当院での考え方と治療

精子はとてもナイーブです。

精子は精巣で約60日かけて作られ、精巣上体というところで運動できる精子に変身し、
貯蔵され、射精されるまでに約70日ほどかかります。
この間、精子の一番重要なDNAを守っている膜は薄く、男性の身体の状態の影響をダイレクトに受けながら
精子が作られていきます。

精子に影響を与える要素として以下のようなものがあります。

・精神的ストレスや喫煙、長い禁欲期間などによる活性酸素
・姿勢の悪さ、過緊張、運動不足による血流障害
・食生活の乱れ(多量のアルコール、カフェインの摂取、暴飲暴食など)
・睡眠不足・肥満・やせなど
心身の悪循環を止め、血流の良い身体をつくることが「近道」
精子の状態が良くない方や、EDなどの方は、
総じて精神的ストレスが多い傾向にあります。
精神的ストレスは、常に全身の筋肉を緊張させてしまい、全身の血流が滞ってしまいます。
また、胃腸などの動きを邪魔し、精子の元となる栄養づくりもうまくいかなくなってしまいます。
不眠や暴飲暴食の原因にもなります。

鍼灸でからだの緊張を緩めることで、
気血の流れを良くし、精巣や精巣上体にしっかり血液と栄養をいきわたらせることで
正常な精子をつくれるからだへと導きます。
また、胃腸が正常に働けるように刺激し、精子をつくるのに必要な栄養を
きちんと消化吸収できるようにします。
原因となっている習慣を見直す効果は絶大です!
精子は卵子と違い、生まれた後から増やすことができ、
生まれたての精子となります。
ですので、その時の身体の状態が良ければ、
よい状態の精子が作られます。

これまでの検査結果が悪くても、
きちんと身体や生活を整えれば
良い結果となって効果が現れます。

このことを踏まえて、
しっかりと原因となっている習慣を見直しましょう。
ストレスはなかなか除去できないですが、
対処方法を身に着けることで、影響を最小限に抑えることができます。
治療の中で、一緒に生活を見つめなおし、改善のサポートをさせていただきます。