不眠

適応となる症状と種類
  • 寝つきが悪い
  • 朝起きてもスッキリしない
  • ストレスなどがあり、急に眠れなくなった
  • 飲酒しないと眠れない
  • 安定剤、睡眠薬を飲んでいる
  • 更年期障害がある
施術の方法

・百会、風池、天柱などのツボを中心に、鍼で刺激します。

・首こりや肩こり、頭痛などがある方が多いので、同時に施術します。

・自分でできる頭痛に効く手のツボは、手のひら側の中指第一関節です。