不妊鍼灸(子宝法)

不妊の原因はひとりひとり違うものです。
他の人と同じことをしても、自分の体に合っていなければ
意味がありません。
当院では、専門的な視点で東洋医学的診断を行い、
その方にベストな鍼灸と生活アドバイスを行うことで
妊娠・出産までの過程を最短にすることができます。

また、
ご夫婦の持っている本来の妊娠力をアップし、
妨げとなっている原因を取り除くことで、
不妊治療の効果をあげ、
できる限り早く妊娠できることをサポートします。

このような原因の不妊の方に

【不妊鍼灸を卒業された方々の症例、ご感想】はこちら

当院の不妊に対する考え方

病院の不妊治療が、不妊治療のすべてではありません
「今まで赤ちゃんができなくても、病院に行って不妊治療すれば
 遅かれ早かれ赤ちゃんを授かることができるのでは?」
と思っていませんか?

不妊治療は医療技術の力で、排卵させたり、ホルモンを調整したり、
卵子に精子を入れたりすることができます。
しかし、その治療の中で登場してくる
「卵子」「精子」「子宮」「卵巣」「精巣」そして「からだ」は
すべて、治療前と同じ、あなたとパートナーからできています。
妊娠しにくかった体質のまま、不妊治療にチャレンジしても、
あなたとパートナーのからだが変わらなければ、治療の結果に限界が出てきます。

不妊治療を開始すると同時に、
ご自身たちのからだを見つめなおし、
からだのベースを整えてチャレンジすることをおすすめしています。
実際に鍼灸治療や生活・食事改善を不妊治療と同時に行うことで、
採卵・受精・着床の結果が良好になることは、様々な研究で証明されています。
疾患ではなく、からだ全体を総合的にとらえる
当院へ来院される患者様は、病院で
「多のう胞性卵巣」や「低AMH」
「子宮内膜症」「乏精子症」などと診断され、
それに準じた治療を行っている方がたくさんいらっしゃいます。
しかし、卵巣や子宮、精巣は、
その臓器単独で動いているわけではありません。
それを栄養する動静脈があったり、
ホルモンを分泌するように促す脳からの指令があったり、
ほかにも様々な連携の中で、それぞれの臓器が
役割をもって働いています。

東洋医学ではからだ全体でその「連携」が
うまくいっているかどうかを診ます。
連携を邪魔している、気血水の滞りや不足、
五臓六腑の問題などを見極めて、
からだ全体がスムーズに動けるように働きかけていきます。
ですので、ホルモン剤のような即効性はありませんが、
徐々に、全体的に、からだをベースアップしていくことができます。

時間はかかっても、鍼灸や生活改善でからだ全体の状態が良くなっていくことで、
病院で同じような不妊治療をしていても、
「卵子の質が良くなった」
「採卵数が増えた」
「胚盤胞まで育った」
「内膜が厚くなった」
「流産せずに出産できた」など
結果に差が出て、今後良い結果につながりやすくなっていきます。
妊娠しやすい行動・考え方がとても大切
人は産まれた時に、両親から受け継いだ体をもらい、
その後は「食べる」「動く」「寝る」などの日常生活を送ったり、
様々な感情によって自分自身で考えて行動して生きていきます。
そのものすべてが今のあなたを作り上げているものと考えます。
そして、
これからの体をつくっていくのも、
あなたの考え方・行動すべてです。

これまでの考え方や行動によってつくられた体で
妊娠しにくい状態にあるなら、
これまでの行動や考え方を変えなければ体は変わりません。
鍼灸を受けるだけでなく、行動や考え方を変えた方は、
きちんと結果が出ていきます。

当院での不妊鍼灸

東洋医学における「妊娠」について
妊娠にとって重要な「子宮」「卵巣」は【胞宮】と呼ばれ、
主に、「肝」「腎」「脾」などの臓によって支えられており、
「任脈・衝脈」という経絡によって栄養されています。
女性の月経や妊娠、胎盤の発育なども、任脈・衝脈が主っています。

この任脈と衝脈は「腎」と呼ばれる生命力の根源とされるところが
年齢とともに成長・発育し、「天癸(てんき)」が充実することで
月経がスタートします。
(現在の医学でいう、視床下部-下垂体系のホルモン連携にあたります。)
「腎」に蓄えられている「精」と呼ばれるものが、
妊娠するためのエネルギーであり、
年齢とともに充実し、35歳を過ぎるあたりから徐々に減少し、
49歳ごろに尽きて、閉経へと向かいます。
(これにより、35歳以上で妊活されている方は特に
「腎」へのサポートが重要となります)

また、「肝」と呼ばれる臓で、胞宮の栄養となる血を蓄えたり、
胞宮の栄養ルートである任脈・衝脈の流れをスムーズにすることで、
子宮や卵巣を充実させます。

「脾」は消化吸収や気血水を行きわたらせる働きをしており、
「腎」の精や気を補ったり、血を作り出したり、
血が不要に漏れ出ないようにしたりすることで、
全身を充実させ巡りを良くさせます。

これらすべてがうまく働いて初めて、胞宮がうまく働き
妊娠することができるのです。
男性においても同様に、これらが連携し合い働くことで、
正常な精子が造られ、夫婦生活も問題なく行えます。

当院の不妊鍼灸では、これらのシステムがきちんと働いているか、
どこかで滞っていないか、過不足がないかを見極めて
優先順位を決めて治療していきます。

当院では「奇経治療」といって、
不妊という複雑な病態に対応する治療法を軸に、
八網弁証(表裏、虚実、寒熱、陰陽という8つの要素をもとに診断する方法)
気血水弁証、五臓弁証なども含めて、細かく診断していきます。
取穴には、筋肉テストを用いて、本当に必要な経穴のみを選定し、
刺鍼、電気刺激、せんねん灸、透熱灸などを行っていきます。
このことにより、あなたの体自体が求めている刺激を的確に与えることができます。
また、日常生活の癖や体のバランスの乱れからくる
体の歪みや姿勢を正すことで、
物理的な筋肉の硬さをなくし、気血水の巡りを助けます。

体の内側を整え、妊娠に必要なパワーを充実させる
当院での不妊鍼灸で大切にしていることの一つとして、
「まずは自分自身の体調を良くする」ということがあります。

不妊治療をしていると、どうしても「卵子」「精子」「子宮」など
体の一部分に注目してしまいがちですが、
前述したように、すべてがうまく働いていて初めて、
元気な精子や卵子、整った月経、着床しやすい子宮となります。

不眠や疲労、ストレス、過度な緊張などで、
自分自身が健康でない状態では、
自分自身の体を保つことで精いっぱいとなってしまい、
妊娠に必要なエネルギーを確保できません。
気血水の流れも滞り、妊娠に必要な流れを邪魔する場合もあります。

遠回りをしているように感じるかもしれませんが、
まずは夫婦二人ともが、心身共に元気になることがとても重要です。
そのため、
「不眠」「腰痛」「頭痛」「イライラ」「肌荒れ」「肩こり」など、
一見不妊とは関係ないように感じる体の不調に対しても
しっかりと治療していきます。
毎回の治療時、不調に感じることがあれば、遠慮なくお伝えください。

行動・考え方を変えられるよう、全面的にサポートします
先ほども述べたように、行動や考え方を変えていくことが、
妊娠にとってとても重要です。
ただ、今までしてきたことを変えるということは
とても難しいことです。
特に「運動」や「食事」などは
以前からの習慣性が残りやすい傾向があります。

このように、ひとりでは難しい「変える」行動を
全面的にサポートすることも
治療の一環として行っています。

当院での不妊鍼灸を担当する鍼灸師は
不妊カウンセラー」でもあります。
不妊カウンセラーは不妊治療についての知識を有しており、
不妊治療に特有の心理的・社会的状況を理解しています。

ですので、当院では鍼灸治療中に、
不妊治療や夫婦関係の悩み、仕事と治療の両立についての
お話を伺っていきます。
そして体の状態も踏まえたうえで、
最優先と考えられるものからひとつずつ、
可能な範囲の具体的な方法を提案させていただき、
翌日から実行できるように、一緒に考えていきます。
短い期間で達成できそうな目標を決めて、
達成出来たら次の改善法に取り組む、
ということを繰り返していくことで、
「自分で改善できるんだ」という自信がついていきます。
これがさらに行動を変えていく原動力となります。

また、考え方を変えていくことも、
ストレスにうまく対処していくのに、とても大切です。
鍼灸治療中に悩みや不安、迷いなど、思っていることを
思いのまま話してください。
そのことで、気持ちを軽くするとともに、
ストレスの対処法について一緒に考えて、
前向きになれるように寄り添っていきます。

治療の流れ

カルテ記入
ご来院されましたら、はじめにカルテに現在の治療の状況やお身体の状態について、ご記入いただきます。(これまでの検査結果や、基礎体温などが分かるものがあれば、ご持参ください)

着替え
着替えスペースで治療しやすい服装に、着替えていただきます。
はじめての方はこちらで準備いたします。
二回目以降は、大きめのTシャツと短パンをご持参ください。


問診
ご記入いただきましたカルテをもとに、体の状態や、生活について詳しくお話を伺います。
(初めての方は、足湯に入りながらカルテを記入していただきます)
検査
お腹を中心に、手足、舌、体の歪みや硬さなどを診て、体の状態を把握していきます。
治療計画
問診と検査の結果から、その方に合った治療方法と今後の計画について一緒に確認していただきます。
仰向けになって、刺激の必要な場所にしるしをつけた後、鍼をしていきます。その後必要な場合に、低周波治療器で電気をかけます。
赤外線治療器で体を温めながら、必要な時間、鍼を置いておきます。
鍼を抜いた後、必要な場所に「せんねん灸」や「透熱灸」(ゴマ粒ほどの小さなお灸を肌に直接のせて最後まで燃焼させるもの)を行います。

※その後、仰向けと同様にうつ伏せでも、鍼とお灸を行います。
指導
「ストレッチ」「運動」「姿勢」「食事」など、その方に今一番必要な日常生活改善についてのアドバイスを行っていきます。
必要な方は、院内にあるマシンを使ってトレーニングをします。
足湯
鍼灸後、治療効果を高めるために、必要な時間足湯に入っていただきます。


お会計
お着替え後、お会計をさせていただきます。
治療計画に沿って、次回の治療のご予約をしていただきます。

 

※治療時間は、初回は1.5~2時間、2回目以降は1.5時間ほどいただきます。

※ご希望の方、必要と感じた方は、治療とは別に時間を設けて、
 「不妊カウンセリング」を行います。

 

 

治療費用

  • 初診料:2000円(税別)☆ホームページを見てご来院いただいた方は1,000円OFF!
  • 治療費:8000円(税別)

以下の物品をご希望の方は、

治療費のほかに追加で料金がかかります

  • ご自身専用のキープ鍼:1本あたり60円
  • 足湯用天然塩:970円
  • 足湯バケツ:950円
  • せんねん灸:1440円


【当院の不妊鍼灸を卒業された方々の症例、ご感想】はこちら

担当鍼灸師より

浜口 よう子

  • はり師・きゅう師
  • 看護師
  • 不妊カウンセラー
  • 漢方養生指導士 臨床マスター
  • 登録販売者(管理者)

赤ちゃんを授かり生むということは、人体の様々な仕組みが働いて起こる
奇跡的な出来事です。
この奇跡的なことを起こす力は本来、人の体に備わった力です。
この本来の力を取り戻すのが、東洋医学です。

東洋医学の治療には、鍼灸だけではなく、
「食姜生」=食生活の改善
「休養生」=休息の改善
「動養生」=運動の改善
なども含まれます。
これらのことも同時に行うことで、さらに効果がはやくしっかりと出ます。
これらを行うサポートをあらゆる面から行い、精神的に寄り添うことで、
一緒に「妊娠」「出産」というゴールを目指していきたいと思います。

また、当院は歴史ある鍼灸院であり、
難しい症例や複雑な病態の方にも対応した治療法を確立しています。
長年の不妊治療を行っても授からない方や、
病院では妊娠が難しいと言われた方が通院され、卒業されています。
病院の不妊治療の採卵・移植の周期に合わせた
「周期療法」も通常の治療と併用して行っています。

一緒にひとつずつ問題を解決して、
ご夫婦が赤ちゃんを抱ける日まで全力でサポートさせていただきます。