五十肩

適応となる症状・種類
  • 肩が痛く、腕が上がらない
  • 肩の痛みで痛み止めが必要だ
  • 腕を横にあげたり、後ろに回せない
  • 服の着脱や、洗髪、運転ができず日常生活に困っている
  • 痛みで仰向けに寝ることができない
当院の考え方

・五十肩は首や肩が凝りすぎたときになりやすいです。

・腕を使いすぎたり、無理な姿勢で物を取ろうとしたりしてなることもあります。

施術の方法

・天柱、風池、肩井、天宗などのツボを中心に、肩や首や上腕の痛むところのツボを鍼で刺激します。

・鎮痛目的で、疼痛部位に直接鍼で刺激します。

・自分でできる頭痛に効く手のツボは、中指全体と薬指をよくもむといいです。