神経痛・神経麻痺

西洋医学では治りづらい神経痛・神経麻痺も、鍼灸治療では得意分野です。

こんな神経痛・神経麻痺でお困りの方へ

※神経痛とは、末梢神経の経路に沿って、突然、激しい痛みに襲われるもので、痛みのほかにも、ふるえ、しびれ、筋萎縮といった症状が認められることもあります。

どんなふうに治療するの?

原因と症状、双方にアプローチします。
神経痛・神経麻痺は筋肉や血管、椎間板などが神経を圧迫することで起こるものが多いですが、
当院ではその原因と症状、双方に同時にアプローチすることで、すぐに効果を実感でき、
しかもその効果を持続させることができます。また、症状を助長させてしまう冷えや姿勢などの生活習慣を改善できるようにアドバイスします。

※治療方法は一般の治療方法に準じます。

患者様の声

顔面神経麻痺/70代・男性
<受診したきっかけとなった症状>
17年前に顔面神経マヒで来て6回で治った。
今回また顔面神経マヒになって病院へ行ったけど全く良くならなかったので10日目に思い出して来た。
<症状の経過>
6回でかなり良くなり水もごはんもこぼれなくなり、目も閉じれるようになった。
口のゆがみもなくなった。
9回で治った。
<ご感想>
本当によかった。
顔面神経けいれん/60代・女性
<受診したきっかけとなった症状>
顔面神経ケイレンし、いつもマスク姿。
目の左右の違いがひどく、口が左の方に歪む。又、手のシビレが(両手)有り、かなりヒドイ状態でした。
<症状の経過>
今日で12回目ぐらいですが、ほとんど良くなり、左目のケイレンは全く無く、口が左上の方に少しだけ歪んでいます。
又、手の(両手)シビレは今はまったく有りません。
<ご感想>
3年間の間、ボトックスを打ちつづけ、どうしようかと思っていた所、浜口をパソコンで見て、多分無理と思い足を運んだ所、
日々良くなるのでとても喜んでいます。ありがとうございました。
追伸 往復2時間15分かかりますが、来てよかったと思います。
顔面麻痺/40代・女性
<受診したきっかけとなった症状>
顔面麻痺
<症状の経過>
5/18頃、顔の左側に違和感(ほほにはり)があり、左目から涙が出すぎる。
左側の口角が上がらずストローを右の方でしか飲めない。口角が上がらないためしゃべりづらい。
<ご感想>
針で治るのか半信半疑で受診しましたが、涙が止まり不快感がなくなりました。
ただ顔に鍼を刺される痛さは苦痛でしたが(一回目で顔だけ中国鍼だった)
これが効いて治るんだと自分に言い聞かせました。
何度が通院するうちに自然と治ってきているんだという不思議な思いがしました。
8回でなおりました。
後頭神経痛/50代・女性
<受診したきっかけ>
2年前から後頭部に激しい短い痛みがよくあるようになりました。また目が痛く、時に血管も切れることもありました。
頭頂部に痛みが断続的にあり、2年半前に毛染めが原因でアレルギーが出たのでそれが原因だと思っていましたが、後頭神経痛だと分かり受診させていただきました。
<症状の経過>
後頭部の痛みが1回目の治療でかなり取れました。またよく眠れるようになり、のぼせがなくなりました。
2回目の治療で後頭部の痛みがほとんどなくなり、2年間つらかった症状が2回の治療でかんり改善されびっくりしています。
又、後頭神経痛になってから髪の抜け毛がひどくなり、悩んでいましたので、2回目の治療から抜け毛の治療も始めさせてもらいました。
<ご感想>
後頭神経痛の治療がかなりうまくいったので抜け毛の経過も楽しみです。
顔面神経麻痺/30代・女性
H27.2.17に右側の目のまばたきが遅くなり、口角も右側は垂れ下がり、病院に行ったところ顔面神経麻痺とのこ診断でした。10日間の点滴・投薬を受けました。その間に目のまばたきはできなくなり、ほほが泥のように感じ、ただただ良くなるのを願っていましたが、あまり改善されぬまま点滴治療が終わり、ビタミンと血流改善の薬のみで様子を見ることになりました。3月4日はじめてはり治療を始め、1回で右目が軽くなり、ほほの感触が変わりました。すごくスローペースだった回復が早くなったと感じ通院を始めました。2~3回あたりからストローで飲むことができなかったのができるようになり、降格の左右差も改善されました。4回目からは右側の目はまばたきは自然にできませんが、閉じられるようになりました。(とじても自然にあいてしまい、常に目が乾いていたので一番うれしかったです)5回、6回と通院するたび良くなってきましたが、花粉症もともない目の回復が後退しましたが良くなりました。7、8回目で症状が良くなってくると、食事の飲み込みにくさは右側の唾液が出ていない為とわかり、唾液のツボを刺激して唾液も出るようになりました。9回目で完治して本当に助かりました。感謝でいっぱいです。
重度顔面神経麻痺/30代・女性
私が浜口先生に出会ったのは、13年程前で、O脚治療がきっかけでした。それからは今でも腰痛と顔面マヒの治療で大変お世話になっています。ある日突然襲った顔面マヒ!朝何気なく口紅を塗った時に気づきました。でも初めは”あれ?気のせいかな?”という程度でした。自分の口なのになぜか違和感があり、鏡を見て口を開けてみると、左の顔の筋肉がひきつったように上がってしまい、右側の筋肉を動かそうとしてもうまく動きません。”なんだろう?”と不安に思いながらも一日様子をみることにしました。でも夜になると口をゆすぐにも右側から水が漏れてしまい、うまくゆすげなくなってしまいました。・・・(略)・・・すると顔面マヒには中国鍼が効く!と体験談に書かれていたので迷わず浜口先生に電話しました。先生は『すぐに来てください!』と言ってくださいました。この時マヒの症状は一週間前より悪化していて、顔の右側の骨のあたりが痛く、両目がうまく閉じられない為、右目は乾いてしょぼしょぼするのでタオルを当てて生活していました。浜口先生私の状態を診て「大丈夫!!10回で完治!心配いらないよ!」と言ってくださいましたこの時すごくホッとして安心感からか、涙が止まりませんでした。顔への鍼治療はもちろん初めてで、とても痛かったのですが、一回の治療のたびにみるみる変化が現れました。2回目には少し右側の筋肉を動かせるようになり、右目から涙が出て乾くこともなくなりました。3回目には口もうまくゆすげるようになり、涙も止まり骨の痛みもやわらいできました。鍼治療をしてもらいながら、自分でも顔を温めマッサージをしました。そして8回目にはもうほとんど顔に違和感もなくなり、骨の痛みも、こめかみと耳の下が少し押さえると痛い程度になりました。両目を自然に閉じることができ、口の歪みも全くなくなりました。今でも予防を兼ねて、時々先生に診ていただいていますが、先生には心から感謝しています。そしてあの時(医師に言われた)大量の薬を飲まなくて本当に良かったです。